当日借りれるキャッシング

当日に借りれるキャッシング

当日に借りれるキャッシング

当日借りれるキャッシング

キャッシングを申込みする場合、多いのは突然の出費の時です。取引先の急な接待、仕事上の付き合い、限定品の買い物、冠婚葬祭など。

 

事前に分かっていれば、ある程度対策も取れるのですが、給料日前などでどうしてもお金が無いとき、そのような突然の出費に役に立つのは当日すぐ借りれるキャッシングなのです。

 

誰しもお金のことは身内や友人にも頼みにくいものです。しかし、キャッシングならそのようなことを気にする必要もなく、利息は実際に使った日数分だけ払えば済みます。

例えば、10万円を1週間だけ借りた場合、金利は18%だったとしても、7日分の利息は100,000円×0.18÷365×7=345円 となり、7日後に返せば利息が付くのはたった345円だけです。

友人や、親などに頭を下げてお金を借りるぐらいなら、キャッシングに申込みした方が実際に早く借りれることもあります。このように、当日すぐ借りれるキャッシングは利用者にとっては一番のメリットにもなっているのです。

当日に借りれるキャッシングポイント

当日キャッシングするポイント

  • 申込みするなら消費者金融会社にすること。
  • 遅くても午前中にはインターネットから申込みしておくこと。
  • キャッシング会社から連絡があればすぐ話せるようにしておく。
  • 当日振込が時間オーバーで無理なら店舗か無人契約機へ行く。

 

当日に借りれるポイントとしてはいくつかありますが、重要なのはまず、即日(当日)振込ができるキャッシング会社へ申込みすることです。いくら低金利なキャッシングでも当日振込ができなければ申込みする意味がありません。

 

そして、当日に自分の銀行口座へ振込してくれるのは、消費者金融会社となります。消費者金融は審査スピードと、即日融資に関しては間違いなくNo.1です。

 

今は低金利な銀行カードローンが多く出てきていますが、銀行カードローンの多くは審査は即日可能だったとしても、カードを自宅に郵送することが多く、カードが届くまで基本的に借入ができないことが多いのです。

 

その点、消費者金融は一定時間までにWEB契約や振込手続きを完了さえすれば、自分名義の銀行口座へ先に振込をしてくれます。カードは後から郵送となりますが、当日借りたい人は現金が必要になりますので、カードは後日で問題が無いのです。

 

当日融資なら午前中に申込みする

又、申込みは遅くとも午前中にはインターネットから申込みしておく必要があります。キャッシング即日融資の選び方で書いたように、キャッシングは申し込み⇒審査⇒結果連絡⇒WEB契約⇒即日融資という流れになっています。

 

多くの消費者金融会社は14時〜14:50までに振込手続き完了が当日融資条件となっていることから、申込み時間は早ければ早い程、当日借りられる可能性は高くなります。

キャッシング会社からの連絡は取れるようにしておく

当日キャッシング会社からの連絡

キャッシングの審査は早ければ最短30分で正式審査結果回答となっていますが、審査途中でキャッシング会社から連絡があるかもしれません。連絡があった場合は審査上必要な話や確認かもしれませんので、いつでも連絡を取れるようにしておくことがポイントです。

 

審査上で質問等があった場合、本人と連絡が付かなければ審査は中断となってしまい、連絡が取れるまで結果は出ない場合もあります。もし連絡に気づいたのが午後14時近くだった場合、そこから審査が再開となるので、当日振込に間に合わないケースも出てくるからです。

 

キャッシング会社の連絡はすぐに出られなくても、折り返し連絡ができるように、こまめに気を付けておく方が良いでしょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ