総量規制対象外

総量規制対象外

総量規制対象外のキャッシングカードローン

総量規制とは借入を年収の3分の1までに規制した法律です。消費者金融やクレジットカードのキャッシングは2010年6月以降、総量規制によって年収の3分の1までしか借りれなくなりました。

 

年収300万円の人は100万円、年収600万円の人は、200万円までに借入が制限され、それ以上借りる場合は総量規制例外貸付か総量規制除外貸付などの特別貸付でしか融資を受けることは原則できないのです。

 

しかし、この総量規制は貸金業法の為、その制約を受けるのはあくまで貸金業者(消費者金融・クレジットのキャッシング・信販のキャッシング)のみになり、貸金業者ではない銀行は総量規制は全く関係がないのです。

 

総量規制の適用を受けないことを総量規制対象外と言い、銀行本体が貸付しているものはすべて総量規制対象外となります。(※銀行の子会社やグループ会社は(銀行系)貸金業者になりますので、総量規制の対象となり、年収3分の1までしか融資はできません。あくまで銀行本体が貸付していることが条件となります。)

銀行と貸金業者では規制を受ける法律が異なります。銀行⇒「銀行法」 貸金業者⇒「貸金業法」 総量規制は貸金業法になることから、規制対象は消費者金融やクレジット・信販になります。

銀行カードローンは総量規制対象外!

総量規制対象外

銀行本体が貸付するものは全て総量規制対象外です。銀行のリフォームローンや自動車ローン、教育ローンなど、すべて総量規制とは関係がありません。

 

そしてキャッシングカードである、銀行カードローンも総量規制対象外となるのです。総量規制対象外は年収3分の1の規制がないことから、仮に借入が年収の1/3を超えていた場合、消費者金融では借りられませんが、銀行カードローンであれば審査次第で借入できる場合があるのです。

総量規制対象外は年収3分の1の計算に含まれませんので、逆に言えば、年収300万円の人が銀行カードローンで100万円借りていたとしても、消費者金融からまだ年収の1/3の100万円まで借りることは可能なのです。

銀行カードローンはこの総量規制対象外に加えて、消費者金融と比べ低金利、高限度額となっており、今人気が高いカードローンです。

 

銀行も個人向け融資に積極化していることもあって、銀行カードローンの貸付残高は年々増加しています。

総量規制対象外の銀行カードローンのメリット

総量規制対象外のメリット

銀行カードローンは消費者金融等の貸金業者のカードローンと比べ、多くのメリットがります。

 

まず、金利ですが、多くの消費者金融で100万円未満の借入をした場合、設定される金額は17%〜18%がほとんどです。しかし、銀行カードローンの多くは上限金利15%以下が多く、100万円未満の借入でも金利は15%以下で借りることが可能となっています。

 

そして、限度額も消費者金融では200万円〜最高でも500万円ですが、銀行カードローンの多くは500万円〜最高1000万円と、かなり大きいのが特徴です。

 

その他にも、銀行カードローンであれば収入証明書不要で審査が可能(各銀行によって金額は違いますが100万円以下はほとんどの銀行で収入証明不要となっています)、提携ATM利用手数料0円、などがあり、利用者にとってはありがたいサービスが満載となっています。

総量規制対象外の銀行カードローンのデメリット

総量規制対象外のデメリット

銀行カードローンのデメリットは消費者金融に比べて審査時間が遅く、即日融資に対応していない事が挙げられます。

 

消費者金融であれば、審査時間は最短30分、午前中に申込みしておけば、その日のうちに自分の銀行口座へ振込してくれますが、銀行カードローンの多くは即日融資に対応していません。

 

その為、当日に借りたい人は銀行カードローンではなく、消費者金融へ申込みした方が良い結果になるです。

 

低金利は、銀行カードローン、即日融資は消費者金融と言えますが、今の銀行カードローンは三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックのように、審査時間は最短30分、そして最短即日融資も可能な総量規制対象外のローンも出てきています。

 

銀行カードローンでスピード審査、即日融資が可能になれば、デメリットはほぼ無いと言うことになります。



ホーム RSS購読 サイトマップ