収入証明書不要キャッシング

収入証明書不要でキャッシングできるのは?

収入証明書不要でキャッシングできるのは?

収入証明書不要でキャッシング

キャッシング申込みでインターネットを見たら、借入には収入証明書が必要と書いてあって申込みを諦めた人はいませんか?

 

2010年6月に貸金業法が改正となり、総量規制という法律ができました。総量規制とは、貸金業者(消費者金融やクレジット会社)が行う貸付に関して、申込み人の年収の3分の1以上は貸付を禁止とした法律です。

総量規制とは?

総量規制とは、2010年6月に導入された貸金業法の法律です。消費者金融、クレジットカードのキャッシング、信販会社のキャッシングは貸金業法の規制が入り、2010年6月18日以降は顧客の年収の3分の1までしか貸付することができなくなりました。
総量規制は多重債務者を減らす目的で作られましたが、一律に年収の1/3と規制したことで、収入が無い専業主婦は消費者金融等の貸金業者から借入ができなくなりました。そして、消費者金融から借りられない人達がヤミ金へ流れていると危惧する声も挙がっており、総量規制には賛否両論の意見があります。

収入証明書不要でも借りれる条件

総量規制ができたことで、消費者金融やクレジットカードのキャッシングは申込み者の年収を調査することが必要となったのです。しかし、全ての申込みに対して、収入証明書の提出を義務付ければ資金需要者にとっても、キャッシング会社にとってもデメリットが大きいため、貸金業法では以下の場合に限り、収入証明書不要でも貸付を可能としています。

消費者金融から収入証明書不要で借りれる条件
  • 消費者金融等の貸金業者から借入する場合、借入限度額が50万円以下
  • 消費者金融等の貸金業者から借入する場合、他の貸金業者の借入と合わせ100万円以下

銀行カードローンなら収入証明書不要で借りれる!

銀行カードローンなら収入証明書不要!

消費者金融から収入証明書不要で借りれる条件は、借入限度額が50万円以下で、他の消費者金融の借入と合わせ100万円以下が条件と説明しました。その為、消費者金融では60万円以上の限度額を借りる場合や、今すでに100万円の借入がある人は、審査時に必ず収入証明書が必要になるのです。

 

しかし、これはあくまで消費者金融からの借入の場合です。借入先が銀行カードローンであれば収入証明書は不要で借りることができるのです!

銀行カードローンが収入証明書不要で借りれる理由

総量規制は貸金業法の法律です。その為、年収3分の1の規制を受けるのは貸金業者のみとなります。貸金業者とは消費者金融、クレジットカード・信販のキャッシング(ショッピングは除く)となり、銀行等の金融機関以外の金融会社はほとんどが貸金業者となっています。

 

銀行は「銀行法」という別の法律があり、貸金業者にはならないことから、年収3分の1の総量規制は関係が無いのです。その為、申込み者の年収を調査する規定もないので、50万円超の借入であっても、銀行カードローンであれば収入証明書不要で借りることができるのです。

銀行カードローンならここまで収入証明書は不要!
  • 限度額100万円以下は収入証明書不要でOK!(銀行によって不要金額は異なります。)
  • 銀行カードローンなら貸付が100万円以下であれば、他の借入は関係無し!(消費者金融では他社借りれとの合計が100万円を超える場合は収入証明書が必要になります。)

 

収入証明書不要で借りれるおすすめランキング!

オリックス銀行カードローン

収入証明書不要で借りるなら、オリックス銀行カードローンがおすすめです!オリックス銀行カードローンは、収入証明書は300万円以下は不要でOK!300万円まで収入証明書を不要としているのはオリックス銀行カードローンだけです。
300万円まで不要ということは、高額の借り換えローンや、おまとめローンでも原則収入証明書は必要がありません。そのうえ、審査時間は最短即日のスピード審査!オリックス銀行口座は不要で借りれることから、収入証明書なしで申込みするならオリックス銀行をおすすめします。



ホーム RSS購読 サイトマップ