総量規制でも借りれる 年収3分の1以上でも借入可能

総量規制でも借りれる?年収3分の1以上でも借入可能!

総量規制でも借りれる?年収3分の1以上でも借入可能!

総量規制でも借りれる?年収3分の1以上でも借入可能

総量規制とは年収3分の1を超える貸付を禁止とした貸金業法の法律です。この総量規制によって、新規契約で借りられなくなった人、今まで限度額内で繰り返し借入が出来ていても、突如借入が出来なくなった人など、総量規制によって満足に借入が出来なくなった人はかなりの人数になると言われています。

 

しかし、総量規制でも借りれるキャッシングカードローンは現実にあります。具体的に言えば、銀行が発行している「銀行カードローン」です。

総量規制は貸金業者しか適用されない

総量規制は年収3分の1までしか貸付を禁止としていますが、このルールを守らなければならないのは貸金業者だけです。

総量規制対象の貸金業者種類

貸金業者の種類

  • 消費者金融会社
  • クレジット会社のキャッシング
  • 信販会社のキャッシングなど

クレジット・信販のショッピングは総量規制とは関係がありません

消費者金融やクレジット会社・信販会社のキャッシングは貸金業者に該当しますので、貸付は年収の3分の1までしかできません。しかし、貸金業者でなければ、この3分の1ルールを守る必要はないのです。

 

貸金業者ではなく、キャッシング可能なのは銀行カードローンです。銀行カードローンは「銀行法」という別の法律が適用される為、貸金業法は関係ありません。その為、銀行が融資するローンすべてにおいて年収3分の1等の年収規制は全く関係がないのです。

銀行は総量規制対象外


銀行カードローンは積極融資中でおすすめ!

銀行カードローンがおすすめ

総量規制の年収3分の1以上でも借りれるのは銀行カードローンですが、銀行カードローンと聞くと、審査が厳しくて借りれるか不安・・と思う人も多いと思います。

 

確かに銀行カードローンの審査は甘くはありません。しかし、昔に比べれば銀行カードローンの審査はずっと借り易くなってきているのは事実なのです。

銀行カードローンと保証会社の関係

銀行カードローンが借り易くなった一つの原因として、保証会社があります。銀行カードローンを借りる為には必ず保証会社の保証を受けることが条件となっており、この保証会社は大手消費者金融や大手クレジット・信販の貸金業者がなっているのです。

 

保証会社とは、もし銀行カードローンを貸付した顧客が不良債権になった場合、保証会社が銀行へ貸付残金を一括で返済します。そして銀行に代わって、保証会社が顧客へ請求することとなり、顧客も返済は保証会社にすることになるのです。

 

要するに、銀行は保証会社が付くことによって、リスク無く融資することができることから、融資条件として、必ず保証会社の保証が必要となっているのです。
保証会社より代位弁済

銀行カードローンが借りれるかは保証会社の審査次第

銀行カードローンが借りれるかどうかのポイントは保証会社の審査にあります。先ほど言ったように、銀行カードローンは保証会社の審査が通ればリスク無く貸付ができるので、保証会社の審査が通れば、銀行カードローンの審査も通る可能性が非常に高いということができます。

 

では、保証会社の審査はどうなのか?気になる点だと思いますが、保証会社は大手消費者金融や大手クレジット・信販会社がなっていることから、そこまで厳しい審査とは言えません。

銀行カードローンの保証会社

  • オリックス銀行カードローン ⇒ オリックス・クレジット鰍ワたは新生フィナンシャル(株)
  • みずほ銀行カードローン ⇒ オリエントコーポレーション
  • 三井住友銀行カードローン ⇒ SMBCコンシューマーファインナンス プロミス
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン ⇒ アコム
  • 楽天銀行スーパーローン ⇒ 楽天カードまたはセディナ

それに加え、銀行カードローンの審査は総量規制対象外となり、年収3分の1の規制が無いことから、普段の審査よりも通り易くなって可能性があるのです。

 

その点を考慮すれば、銀行カードローンの審査は昔のイメージ程厳しくはなく、今個人向け融資に積極的になっていることも含めれば、申込みするのに大変おすすめなキャッシングカードローンなのです。



ホーム RSS購読 サイトマップ