消費者金融審査

消費者金融は審査を通しやすい?

消費者金融は審査を通しやすい?

消費者金融審査通しやすい

消費者金融は審査を通しやすいのか?消費者金融と聞くと、銀行に比べて審査が通りやすいイメージが誰にでもあると思います。

 

確かに昔の消費者金融はある程度借金が多くても5万円や10万円などの少額融資を借りれていた時代はありました。しかし、今は貸金業法が改正となり、総量規制ができた為に、基本的には年収の3分の1までしか借りることはできなくなったのです。

 

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者は原則年収の3分の1を超える融資を禁止とした法律です。これは多重債務者を減らす目的で導入されましたが、過去の消費者金融会社による過剰貸し付けも原因の一因となっています。

 

総量規制による消費者金融審査のデメリット

総量規制のデメリットは、年収の3分の1までしか貸付ができなくなったことが1番のデメリットです。昔まではどんなに借金が多くても、消費者金融側の審査で返済能力・清算能力が有ると認められれば、高額融資はできなくとも、10万円程度の借入なら可能でした。

 

消費者金融審査のデメリット

しかし、今は、返済能力や借金をすべて完済する清算能力があったとしても、一律年収の3分の1までしか貸付ができなくなったのです。返済能力は人それぞれに違い、例えば、既婚者の返済能力と、独身者の返済能力では当然に違います。既婚者の生活費や住宅ローン、子供の教育費などの費用と、独身者でアパートや寮などに住んで、特にローンも無い人は年収が同じでも、返済に回せるお金が違うからです。

 

このように、返済能力の違いを見極めて消費者金融会社は審査で融資の可否を判断していましたが、そのノウハウは必要無くなり、全ての人が年収3分の1までにラインを引かれたことが総量規制の最大のデメリットとも言います。

総量規制による消費者金融審査のメリット?

総量規制による消費者金融審査のメリット

総量規制によって消費者金融審査にメリットがあるのか?と思う人は多いでしょう。これは考え方によりますが、今まではたとえ借金が少なくても、属性などの内容が悪ければ大手消費者金融等では審査が通りませんでした。

 

しかし、総量規制ができたことで、大手消費者金融の審査も通しやすくなった面はあるのです。
総量規制によって、年収3分の1までしか貸付ができなくなったことは、消費者金融会社にとって、利用顧客の奪い合いにも発展します。年収が300万円の人なら、貸付可能額は100万円迄となる為、貸付可能範囲があればなるべく自社で貸付したいと誰もが思うはずなのです。

 

今の時代、消費者金融は総量規制によって、貸付したくてもできない時代となっています。その為、借金の額が総量規制範囲内であれば、できるだけ融資をする方向で考えたいのが本音なのです。

 

そう考えた場合、総量規制導入前は、勤続年数や居住年数が短く審査が通らなかった人でも、総量規制後は借入が少なければ、属性がある程度悪くても審査に通る可能性はあると言うことができます。これが総量規制による消費者金融審査のメリットなのです。

申込みは審査通過率(成約率)が高い消費者金融へ!

消費者金融審査を通すポイントとして、審査通過率(新規貸付成約率)が高い消費者金融へ申込みすることが大切です。

 

消費者金融の審査通過率(成約率)は総量規制と貸金業法改正により、かなり低下しましたが、一時期の30%台に比べれば今は大手消費者金融で審査通過率(成約率)は40%〜45%(2013年9月時点)となっており、だいぶ回復してきています。

 

新規貸付率(成約率)が高い消費者金融へ申込みすることが審査を通しやすいポイントにもなるのです。

消費者金融は審査を通しやすい?まとめ

  • 今の消費者金融の審査は総量規制の縛りがあることから、原則年収の3分の1以上の貸付は禁止となっており、負債が多い人は審査は通らない。
  • 負債の金額が年収3分の1未満の総量規制範囲内の人は、勤続年数などの属性が悪くても、昔に比べれば審査に通りやすくなっている部分がある。
  • 上記2点より、借金が多い人は昔よりも審査に通らなくなっており、逆に借金が少ない人は昔よりも審査に通る可能性が高くなっている
  • 消費者金融でも新規貸付率(成約率)が高い会社に申込みすることがポイント!


ホーム RSS購読 サイトマップ