収入証明書不要 オリックス銀行カードローン

収入証明書不要でOK?オリックス銀行カードローン

収入証明書不要でOK?オリックス銀行カードローン

収入証明書不要のカードローン

2010年の改正貸金業法により、キャッシングの審査では収入証明書が必要な場合が出てきました。

 

なぜ収入証明書が必要になったのかと言えば、年収3分の1までに貸付を制限した、総量規制が施行となったことで、一定条件を超える場合は顧客の年収を証明する書類を取得しなければならず、その取得した年収の3分の1まで貸付が可能となったからです。

収入証明書の提出が必要な場合

  • 貸金業者に申込みし、借入額が50万円を超える場合。
  • 貸金業者に申込みし、申込みした貸金業者の借入金額と他の貸金業者の借入額の合計が100万円を超える場合。
  • 上記以外でも審査で必要と認められた時。

収入証明書の提出が不要な場合

  • 貸金業者に申込みして、借入額が50万円以下の場合。
  • 貸金業者に申込みして、申込みした貸金業者の借入額と他の貸金業者の借入額との合計が100万円以下の場合。
  • 銀行カードローンに申込みして借入額が100円以下の場合。(銀行カードローンによって金額が異なりますので必ず公式HPで確認してください。)

貸金業者とは、貸金業登録している会社で、主に消費者金融会社、クレジット会社のキャッシング、信販会社のキャッシングが該当します。ノンバンクで貸付している会社はほとんどが貸金業者です。

消費者金融と銀行カードローンで金額が違う理由

収入証明書不要の金額が違う理由

収入証明書の取得義務を定めた総量規制は、貸金業法であり、その適用を受けるのは消費者金融やクレジット会社、信販会社などの貸金業者に限られます。

 

その為、消費者金融では、貸付が50万円を超える場合、又は、他の貸金業者との貸付が100万円を超える場合は必ず収入証明書を取得しなければなりません。収入証明書を取得した上で、年収を確認し、その金額の3分の1までは貸付が可能としています。

 

しかし、銀行は「銀行法」という別の法律があり、貸金業者ではありません。その為、総量規制は関係なく、収入証明書の取得義務もないのです。取得義務はありませんが、銀行カードローンが収入証明書不要かと言えば、そうでもありません。多くの銀行カードローンでは限度額100万円以下に限り、原則収入証明書を不要としています。

 

その為、総量規制対象外の銀行カードローンでも収入証明書が必要な場合はあるのです。しかし、消費者金融と比べれば、収入証明書の規制は緩く、特に、他の借入は含まないところが大きなポイントです。

 

そして、銀行カードローンは一律100万円以下が不要としているわけでは無く、銀行カードローンごとに、収入証明書不要の金額は違います。


オリックス銀行カードローンなら300万円迄収入証明書不要!

オリックス銀行カードローンは300万円まで収入証明不要

多くの銀行カードローンは限度額100万円以下は収入証明書不要としていますが、オリックス銀行カードローンは業界トップの限度額300万円まで収入証明書不要としています。

 

オリックス銀行カードローンは金利3.0%〜17.8%の最低水準に加え、限度額は最高800万円で、おまとめ・借り換えもOKとしていますが、300万円以下収入証明不要であれば、ほとんどの場合収入証明書は必要無いと言うことができます。

 

新規契約の人はもちろん、借り換え・おまとめの人でも、ほとんどの人は限度額300万円あればある程度満足する金額だと思います。逆にオリックス銀行カードローンで収入証明書が必要な場合は限度額300万円超となり、350万円や400万円、それ以上の限度額の場合となりますが、そこまでの高額金額は審査も厳しく新規契約で借りれる可能性は低い方だと思われます。



ホーム RSS購読 サイトマップ