主婦 キャッシング

主婦レディースキャッシング

主婦レディースキャッシング

主婦レディースキャッシング

レディースキャッシングとは、受付オペレーターから、融資までの対応をすべて女性が行う、女性専用のキャッシングシステムです。女性が気軽にキャッシングできる目的で作られ、消費者金融全盛期では、レディースキャッシングは大きなウエイトを占めるようにまでなりました。

 

それほど、主婦や、パート・アルバイトなどの女性からもキャッシングは利用されていた一つの目安にもなります。

総量規制により、レディースキャッシングは消滅?

しかし、2010年6月に改正貸金業法が完全施行され、総量規制が導入されました。総量規制とは、借入を原則年収の3分の1までにする法律です。その為、パートやアルバイトの女性はその年収の3分の1までとなり、自身に収入が無い専業主婦は消費者金融から借入はできなくなりました。

 

総量規制とレディースキャッシング

総量規制ができる前までは、配偶者に安定的な収入があれば、専業主婦でも融資は可能となっていましたが、総量規制は本人の収入の3分の1を超える貸付を禁止とした為、専業主婦で借金が1円もなくても、消費者金融からは借りられないことになったのです。
レディースキャッシングの中心にいたのは専業主婦で、総量規制によって専業主婦が借りられなくなったことで、レディースキャッシングローンの商品は激減していきました。

総量規制対象外の銀行カードローンなら専業主婦でも借入可能!

消費者金融のレディースキャッシングが少なくなってきた中、代わりに登場したのは銀行カードローンです。銀行カードローンは貸金業者では無いため、総量規制は関係がありません。

 

その為、収入が無い専業主婦でも銀行カードローンであれば融資を受けることは可能なのです。消費者金融では貸付ができなくても、銀行ならOKという、今までとは逆の現象が起きていることになります。

パート・アルバイトの収入があれば消費者金融でも借入はできます

パート・アルバイトでも借入可能

総量規制により消費者金融が融資できなくなったのは、収入が無い専業主婦で、パートやアルバイトなどで収入があれば、その年収の3分の1まで融資は可能です。

 

例えば、パートで年収が約100万円であれば、その1/3となる、33万円までは消費者金融からでも融資受けられます。

 

又、総量規制には、総量規制例外貸付として、「配偶者同意貸付」があり、配偶者の同意があれば、配偶者と本人の合計した年収と配偶者の借入と本人の借入の合計を割って1/3まで融資を可能としています。

 

しかし、この配偶者同意貸付は、配偶者にも信用情報の調査が入ることや、配偶者との婚姻関係を示す書類等の提出も多く、配偶者の同意が必ず必要となります。その為、当然キャッシングすることを配偶者に納得してもらうことが前提となりますので、内緒でキャッシングはできません。

主婦レディースキャッシングのまとめ
  • 専業主婦は消費者金融等の貸金業者からは基本的には借りられません
  • 専業主婦で借りるなら、総量規制対象外の銀行カードローンへ申込みすること。
  • 銀行カードローンは配偶者に安定的な収入があれば融資を可能としています(※銀行カードローンでも専業主婦は不可のところもあります)。
  • パート・アルバイトなどの収入があれば、消費者金融でもその年収の3分の1までは借入が可能です。
  • 消費者金融は総量規制例外の「配偶者同意貸付」が利用できますが、配偶者の同意が必要の為、あまり実用的ではない。


ホーム RSS購読 サイトマップ