キャッシング金利

キャッシング金利

キャッシング金利比較!

最新のキャッシング金利比較をランキングにしてご案内します。キャッシング金利比較だけではなく、キャッシング会社のメリット・特長に関しても記載します。

キャッシング金利比較時のポイント

キャッシングの金利は上限金利を基準に選ぶ!

キャッシング金利比較ポイント1

キャッシングの金利は下限金利〜上限金利で表示されていますが、最低の下限金利は最高限度額等での借入でしか適用されることは難しく、特に50万円以下の借入であれば、上限金利が適用される可能性が高いため、キャッシング金利比較をする場合は上限金利基準に選ぶことが大切です。
あくまで下限金利はそのキャッシング会社の金利の幅ぐらいに思っていた方が良いと思います。(高額融資の場合は重要となりますが、新規契約で高額融資は非常に難しいです。)

法律上限金利は知っておくこと

キャッシング金利比較ポイント2

法律上の上限金利は10万円未満は年20%まで、10万円以上〜100万円未満は年18%まで、100万円以上は年15%までと決まっており、これ以上の金利は法律違反となり、刑事罰となります。
90万円は上限18%ですが、100万円以上での借入は上限金利15%と3%引き下げなければなりません。100万円で15%の金利は上限金利になりますので、決して低い金利ではないのです。

 

しかし、18%と比べれば3%低金利となりますので、90万円限度で借りるなら、100万円希望で借入した方が金利は低くなります。(金利は残高ではなく、限度額で決まるので100万円の限度額で90万円借入した方が金利が低いという意味です。)

短期間の借入なら無利息を優先すること

キャッシング金利比較ポイント3

キャッシングの金利比較を一生懸命したところで、借入する期間が1〜2か月と予め決まっているのであれば、低金利を探すより無利息適用のあるキャッシングを探しましょう。1〜2か月の利用なら、30日間無利息のプロミスやレイクで借入した方が、支払利息は1番安くなります。30日間無利息は、金利0%なので、2か月利用しても実質払う利息は1か月分だけなのです。無利息比較はキャッシング無利息参照。

 

キャッシング金利比較の注意点

キャッシング金利比較のランキングは下限金利順としています。下限金利とは最高限度額や長年利用してきた人の増額融資の時に適用されることがほとんどです。新規契約時に最低金利は適用されることはありませんので、ご注意ください。※金利は変動する場合があります。申込み前に公式サイトで必ず確認してください。

銀行カードローンは限度額ごとの金利比較が可能!

キャッシング金利比較のポイント

キャッシング金利比較をする場合、どうしても下限金利(最低金利)に目が行きがちですが、注目するのは上限金利です。

 

下限金利は新規契約で適用されることはほどんどありません。逆に上限金利が新規契約(小口借入時)に適用される可能性が高い金利となるのです。

 

金利比較のポイントとしては、今人気の銀行カードローンでは限度額別に金利が最初から決まっていることが多く、金利比較する場合は限度額ごとの金利を比較することで、どのキャッシングが低金利かを比較することができます。

オリックス銀行カードローンの限度額と金利

700万円超800万円以下

600万円超700万円以下

500万円超600万円以下

400万円超500万円以下

300万円超400万円以下

3.0%〜4.8%

3.5%〜5.8%

3.5%〜5.8%

4.5%〜8.8%

4.5%〜8.8%

200万円超300万円以下

150万円超200万円以下

100万円超150万円以下

100万円

100万円未満

6.0%〜12.8%

6.0%〜12.8%

9.0%〜14.8%

9.0%〜14.8%

12.0%〜17.8%

上記はオリックス銀行カードローンの限度額別の金利です。表を見ても分かるように、オリックス銀行カードローンは高い限度額になるほど低金利になっており、逆に100万円以下の場合、金利は9.0%〜17.8%となっている為、少額借入よりも大口借入に適しているキャッシングと言うことができます。

 

自分が例えば80万円必要な場合、このような限度額ごとの金利を他のキャッシングと見比べることによって、一番低金利のキャッシングが見つけられることになります。



ホーム RSS購読 サイトマップ