キャッシング比較

銀行系キャッシング

銀行系キャッシング

銀行系キャッシング

銀行系とは、銀行の子会社やグループ会社の事を指します。同じようなイメージに思われますが、銀行と銀行系ではキャッシングの場合大きな違いが出てくるのです。

 

まず、銀行系のキャッシングは、あくまで銀行本体が貸付しているわけでは無く、銀行の子会社やグループ会社になりますので、ノンバンクとなり、括りは貸金業者です。

 

そして、銀行は貸金業者には含まれませんので、銀行と銀行系ではキャッシングの法律が違うことになります。銀行は「銀行法」の法律となりますが、銀行系のキャッシングは「貸金業法」が適用されるのです。

銀行法と貸金業法は借り手にとって、どう違うのか?

銀行はあくまで預け入れに関しても規定がある為、幅広い法律規制となりますが、貸金業法は特別法で幅の狭い規制が厳しい法律と考えてもらえば分かり易いです。

 

そして、借りる時に違いが出るのは、年収3分の1を超える貸付を原則禁止とした総量規制の問題です。

 

総量規制とは貸金業法にある規制で、2010年6月より導入されました。今まで融資の可否は貸金業者の判断に委ねられていましたが、総量規制によって、原則年収の3分の1までしか貸付を行うことができなくなったのです。

 

しかし、この法律はあくまで貸金業法の為、規制を受けるのは貸金業者のみになります。

 

貸金業者とは消費者金融やクレジット・信販のキャッシングが該当し、貸金業登録をしている会社はすべて貸金業者となりますので、総量規制の対象となるのです。

 

銀行系はあくまで銀行の子会社やグループ会社になりますので、貸金業者となり、総量規制の適用を受けますが、銀行は貸金業者ではないことから、年収3分の1の総量規制は適用外となり、総量規制対象外となるのです。

 

その為、銀行系では総量規制で借りられないけれど、銀行カードローンなら借りれるという可能性もあります。借り手にとって、銀行と銀行系との違いで影響があるのは総量規制になりますが、その他に関してはキャッシングする上では特に違いはありません。

 

銀行系は銀行の子会社やグループ会社になりますので、当然信用が高く、安心・安全に借りれるメリットがあり、提携ATMの数も多いです。

 

低金利でキャッシングするなら銀行カードローンですが、審査に不安がある場合は銀行系キャッシングに申込みしてみても良いと思います。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ