銀行カードローン

銀行カードローンの特長

銀行カードローンとは

銀行カードローンとは

銀行カードローンとは、銀行本体が直接貸付しているカードローンの事を言います。よく間違われるパターンとして、銀行のグループ会社や子会社が貸付する銀行系カードローンがありますが、基本的に銀行カードローンと、銀行系カードローンは別のカードローンとなります。

 

銀行系はあくまで銀行ではないので、括りは貸金業者になり、貸金業法が適用されます。それに対し、銀行は銀行法が適用される為、銀行系と銀行では規制する法律が違うのです。

 

その為、銀行カードローンは貸金業法の総量規制(年収3分の1までしか貸付ができない)は関係なく総量規制対象外となるのです。しかし、銀行系は総量規制を受けますので、原則貸付は年収の3分の1までしかできません。

 

上記のように、銀行は貸金業者ではなく、法律は銀行法が適用されることから、規制の厳しい(貸付や回収に関して)貸金業者と比べれば、多くのメリットが存在するキャッシングカードとなっているのです。

銀行カードローンの特長・メリット

年収3分の1の総量規制が適用されない!

総量規制対象外

銀行カードローンの1番の特長・メリットは総量規制対象外の点です。冒頭で説明しましたが、総量規制は貸金業法の法律で、規制を受けるのは貸金業者のみです。銀行は貸金業者ではなく、銀行法という別の法律があることから、総量規制は関係なく、年収3分の1以上貸付することは法律上問題ないのです
その為、消費者金融では借りられなかったけれど、銀行カードローンでは借りられたという事態が起こり得ることになります。

100万円以下は収入証明書不要でOK!

収入証明書不要

銀行カードローンは総量規制対象外と説明しました。その為、顧客の年収を調査する収入証明書の取得に関しても、消費者金融と比べれば不要の範囲が、かなり広くなっています。

 

消費者金融等の貸金業者では、50万円を超える貸付又は、他の貸金業者の貸付と合わせ100万円を超える場合は必ず収入証明書の取得義務があります。しかし、銀行カードローンはそもそも総量規制は関係ありません。総量規制が関係無いと言ってもある一定条件までは収入証明書を不要としており、多くの銀行は限度額100万円以下は原則収入証明書不要としています。

 

消費者金融では50万円を超える場合は必ず収入証明書が必要ですが、銀行カードローンであれば各銀行よって差がありますが、100万円以下は原則不要となっています。最大はオリックス銀行カードローンの限度額300万円以下は収入証明書不要となっています。

消費者金融に比べて低金利!高限度額!

銀行カードローン低金利

銀行カードローンは消費者金融に比べて低金利・高限度額になっています。特に100万円未満での小口借入の場合、消費者金融では多くが金利17%〜18%設定になりますが、銀行カードローンは15%以下になる場合が多いと言えます。

 

限度額に関しても、消費者金融は200万〜300万円、最高でも500万円が多いですが、銀行カードローンの多くは500万円以上の限度額が多く、最高は1000万円までのカードローンもあります。無担保・無保証で最高限度額1000万円の使途自由のフリーローンはある意味何でも応用できるローンと言うことができます。

提携ATM利用手数料0円

ATM手数料無料

銀行カードローンのほとんどは、自行ATMはもちろん、提携のコンビニATMも手数料0円で利用することができます。限度額内で繰り返し借入・返済するリボルビング契約のカードローンの場合、ATM利用手数料はバカにはできません。

 

一回の引き出しで105円かかれば、5回出金するだけで500円以上の手数料がかかり、次回返済時に、真っ先にATM手数料が取られることになります。仮に利息が2000円で、ATM手数料が500円だった場合、ATM手数料が高いと感じませんか?

 

消費者金融では提携のコンビニや金融機関ATMを利用した場合手数料を取られることが多いですが、銀行カードローンの多くは手数料0円で利用が可能となっています。これも銀行カードローンの特長・メリットと言えます。



ホーム RSS購読 サイトマップ