キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンの違いとは?

キャッシングとカードローンの違いとは?

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンは何が違うのか?キャッシングもカードローンも現金を借りること自体は同じですが、具体的な違いは返済方法にあります。

 

キャッシングとは一般的にクレジットカードのキャッシングを指すことがあり、クレジットカードのキャッシング機能では基本的に一括返済が前提となっています。

 

例えばクレジットカードのキャッシングで5万円引きだした場合、リボ払いに変更しなければ、翌月にその5万円と利息を合わせた金額を一括で返済することになります。

 

しかし、カードローンは予め借入残高ごとに最低支払金額が決まっており、毎月1回最低支払金額以上を返済する方式となっています。

 

例えばカードローンで5万円を借りた場合、翌月の支払日に最低返済金額が3,000円以上となっていれば、3千円だけ払ってもいいですし、全額を一括返済してもいいのです。

キャッシングとカードローンの違いはほとんど無い

キャッシングは基本的に借りた翌月に一括返済と説明しましたが、今のクレジットカードのキャッシングはリボ払いへ変更も可能となっていることから、キャッシングとカードローンの違いはほとんど無いと言っても良いと思います。

 

しかしながら、カードローンの方が毎月の返済金額が少ない傾向にあり、月々の返済負担を減らしたいのであれば、カードローンで借りた方が負担が少ないと言えます。

 

カードローンの中でも消費者金融カードローンが毎月の返済金額が低くなっており、10万円借りた場合、月々の支払は3千円のカードローンもあります。

 

毎月の最低返済金額が少ないのはメリットと言えますが、逆に借入残高がなかなか減らないデメリットもあります。キャッシング翌月一括払いであれば、一度に返済して完済となりますので、利息の総額も多くはありません。

 

カードローンでリボ払いも、キャッシングで一括返済も、それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分に合った返済方法を選ぶことが大切と言えます。



ホーム RSS購読 サイトマップ